blueheaven.ph@gmail.com +63 917 757 9007

まずは準備を整えて

ニタリポイントではマラパスクアのダイブサイトの中でも特にルールが厳しく定められています。しっかりと準備を整えて挑みましょう

モナドショールのダイビングイメージ

ダイビング前の準備

  • 水中カメラ:ライト、ストロボ、フラッシュは禁止となっていますので外付けのものは取り外しておいてください。内臓のものは設定でOFFにしてください。(電源ONで起動しうっかりという方がかなり多いので再度ご確認ください)
  • 器材:ゲージ類は体から離れないようにBCに固定できるようにしておいてください。指示棒、カレントフックの使用は禁止です。
  • その他:朝も早く深度もありますのでお酒はほどほどにお願いします。
 
 

さあいよいよニタリにご対面

いきなり現れることもあればなかなか現れない気まぐれなニタリザメですが、発見したら近寄ってくるのを待つのが基本のスタイルです。ライト類などでニタリを刺激しないのはもちろん、追いかけたりしないでくださいね!あと砂を巻き上げないよう中性浮力に注意してください。マナーを守ってダイビングを楽しみましょう!

Monad/Kimud Shoal

ニタリのダイビングイメージ

ダイビングの際の注意点

  • エントリー:潜降(浮上)時はなるべくラインを使ってください。
  • 移動時:他のダイバーの前を泳がない、また過度に動き回らない。鮫(ニタリ)やマンタを追いかけない。
  • 姿勢:ポイントへ到着したらガイドロープの前に出ないようにしてください。(ガイドロープのないエリアではガイドの指定するライン)常に中性浮力を保ちつつ、サンゴに注意しながら姿勢を低くキープしてください。足ったり、寝転がったり、座ったりするのはご法度です。
  • 合図:通常のポイントではガイドは指示棒でタンクをたたいたりブザーを使って合図を送りますが。ニタリポイントでは鳴り物が禁止なので場所を移動する際などはハンドシグナルとなります。
  • 環境への配慮:写真を撮る前に環境への配慮をしてください。また水中生物(珊瑚なども含む)を持ち帰らないでください。
 
 

ニタリ写真集

お客様から頂いたニタリの写真です。皆様いい感じで撮ってますね

ニタリの写真
ニタリの写真
ニタリの写真
ニタリの写真
ニタリの写真
ニタリの写真
ニタリの写真
ニタリの写真
ニタリの写真
ニタリの写真
ニタリの写真
ニタリの写真