blueheaven.ph@gmail.com +63 917 757 9007
フィリピンへの外国人渡航情報

いつからセブ島への旅行が可能なのということですが、ようやく2022年2月25日より出来るようになりました。

<フィリピンへの外国人渡航は日本を含む157か国からの観光・商用目的の30日以内の無査証短期滞在が可能>

入国制限は解除されましたが以前のように気楽にとはまだいかないようです。

旅行を検討される場合の注意点や必要書類のご案内を簡単にまとめてみました。

 

日本からのご出発準備

1,新型コロナワクチン接種証明書

市町村の窓口へ書面での交付申請もしくは日本政府が提供するアプリにてデジタル証明書を取得してください

 

2,日本出国前の48時間以内に検査したRT-PCR検査の陰性証明書

指定の施設などはないので出発に間に合うよう最寄りの病院などで取得するのが無難です。 

ただ格安(無料)で受けれる木下グループの陰性証明書でも問題なく入国できました。

5月30日より18歳以上のワクチン完全接種者は出国前の検査が不要となりました。(ブースター接種完了者)

 

3,新型コロナ治療費35,000米ドル以上をカバーする旅行保険

カードに付帯する旅行保険では難しいようで、新型コロナも補償対象となっている保険に加入が必要です。 

HS証券のたびともなどですと1週間で2400円ほどのようです。

 

日本へのご帰国準備

4,フィリピン出国前の72時間以内に検査した新型コロナウイルス検査の陰性証明書

セブの病院ですと、日本語サポート付きのセブドクターが主流のようですが、当方では安くて速いUCMedを推奨しています。日本所定の用紙も病院に用意されています。費用は3360PHPでフィリピン航空利用の場合は割引があり3100PHPです。政府推奨の「陰性」の検査証明書フォーマット

 

※航空券や6ヶ月以上の残存があるパスポートはもちろん必要ですが、以前と比べて必要な書類は上記4点となります。

 

その他注意点

フィリピン入国の際や日本帰国時にアプリの登録が必要となっています。(かなり今時ですね。。)

出発までに前もって登録しておくとよいでしょう。マスクの着用義務などもお忘れなく

One Health Passへのオンライン申請 [健康状態チェックカード] 入国時に必要となっています。 

Traza [接触追跡アプリ] 入国時に問題がなければ特に必要ありません。

 

日本帰国後の注意点

 

フィリピンは指定国ではないので 3回ワクチンを打っていれば自宅待機も必要ないということですね。

自宅等待機期間中であっても入国後24時間以内に自宅等まで移動する場合は公共交通機関の使用が可能となっています。

MySOS [入国者健康居所確認アプリ]


 

 

ショップ アドレス

Logon,Daanbantayan,Cebu,6013
Philippines

メールでのお問い合わせ

info@blueheaven-malapascua.com
blueheaven.ph@gmail.com

お電話【現地での連絡先】

+63 917 757 9007
+63 917 564 7827